読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2007 Office スイートおよび 2007 Office プログラムを、他のバージョンの Office を実行しているコンピュータで使用する方法

Office

Office 2007とOffice 2003のAccessの差が埋められず、同一の端末上にどちらもインストールしてAccessだけ2003を利用したいという方が居て、実際にやってみると2003←→2007への切り替えの度にインストーラーが起動してチェックが走るという現象が起きていました。調べて見ると解決法のヒントが。

2007 Office スイートおよび 2007 Office プログラムを、他のバージョンの Office を実行しているコンピューターで使用する方法

以下メモ。
1 台のコンピュータに複数のバージョンの Office をインストールして使用する場合、以下の順序でインストールします。

Office のバージョン インストールの順序
Microsoft Office 2000 1 番目
Microsoft Office XP 2 番目
Office 2003 3 番目
2007 Office スイートおよび 2007 Office プログラム 4 番目

最も古いバージョンの Office を最初にインストールする必要があります。たとえば、Office 2003 と 2007 Office プログラムを同じコンピュータで使用する場合、最初に Office 2003 をインストールします。各バージョンの Office スイートおよび Office プログラムのレジストリ キー、共有プログラム、ファイル名拡張子、およびその他の設定を正しく管理するために、この順序でインストールする必要があります。




Access 使用時の Windows インストーラのメッセージ
複数のバージョンの Access がインストールされているコンピュータで、Microsoft Office Access 2003 または Microsoft Office Access 2007 を起動すると、Windows インストーラが実行されることがあります。また、"インストールの準備中" または "構成中" というメッセージが表示されることがあります。このメッセージは、Access が起動される前に表示されます。

Access 2007 を使用した後に Access 2003 を起動すると、Windows インストーラの修復処理により、毎回 Access 2003 が登録されます。同様に、Access 2007 より前のバージョンの Access を使用した後に Access 2007 を起動すると、Windows インストーラの修復処理により、毎回 Access 2007 が登録されます。Access 2000 および Access 2002 は、それより新しいバージョンの Access を使用した後に起動しても、修復処理は開始されません。起動した Access のバージョンが、以前に使用した Access のバージョンと同じ場合は、Windows インストーラの修復処理は発生しません。