しにそうになった

正確に言うと奥さまを死なせて一家心中してしまうところでした。